レーザー脱毛の痛みってどのくらい?我慢できる程度?

*

痛みが伴う個所の脱毛は、、、。

      2015/04/18

脱毛をしたい個所は人それぞれですね。一番多いのがワキだそうです。ワキなどは、自宅で安全カミソリや毛抜きなどで、行っているようですね。その他に、腕や脛、背中、、、そしてVIOゾーンでしょう。自分で行っているひともいますし、サロンやクリニックで行っている人もいます。どちらがいいのか、それは個人の判断となります。確かにキレイに脱毛したければ無条件にクリニックでの脱毛をおススメします。しかし、諸条件を考えた場合、必ずしもサロンやクリニックでの施術が良いと言えなくなるのです。まずは、費用です。自宅で行えばほとんど費用はかかりません。お金に余裕がない人はやはり自宅で行うでしょう。また忙しくてクリニックなどに通えないひともやはり自宅で行うことになります。そしてもうひとつ、問題なのが痛みです。いくらお金があって、また時間もあっても、痛みに敏感であり、また痛みが我慢できないようですと、肝心な施術ができなくなります。痛みは少なからず重要な問題なのです。サロンでの脱毛の施術では、レーザーやニードル法などが多く採用されています。しかし、これらの方法は高い効果が得られる反面、強い痛みが伴うのです。これらの方法ほど効果が低いけれど、痛みが少ないフラッシュ脱毛というものがあります。これら挙げた方法を施術したい個所により使いわけることも視野に入れてクリニックやサロンに通うことが賢い脱毛と言えます。体の中には痛みに敏感な部分もあれば、逆に鈍感な個所もあります。痛みが良く感じてしまう個所はデリケートな個所でしょう。属に
Vライン、Iライン、そしてOラインと呼んでいる個所です。ここの皮膚は、他の箇所と違い粘膜に近い部分です。ですから一際痛みを感じやすいのです。また濃い毛が密集しているので、レーザー脱毛以外でも痛みが強いと言えるのです。ここをどの機械で施術するといいのでしょうか。
一般に痛みが大きいとされているのは、レーザー脱毛やニードル脱毛ですね。やはり痛みが弱いフラッシュ脱毛での施術をすべきです。もしも
VIO脱毛を、効果の高いレーザー脱毛をするのでしたら、痛みに耐える覚悟が必要になります。VIOゾーンだけでなく顔もとても痛い部位です。特に鼻の下などは、痛みが強いと言われています。痛みのために途中で施術を中止にするようなことが無いように、予めカウンセリングの場でスタッフとよく話をすべきでしょう。

 - 未分類