レーザー脱毛の痛みってどのくらい?我慢できる程度?

*

レーザーの種類と痛み

      2015/03/20

サロンでの施術でムダ毛のないきれいな肌を目指している人は多いです。年々施術者の技術や設備などはどんどん良くなっています。そして前に比べて益々快適な施術を受けることが出来るようになっています。しかし、全く無痛の施術か、というとそうではありません。やはりどうしても痛みが伴ってしまうのです。なるべくなら痛みの少ない方法で施術できれば良いのですが、
確実な脱毛効果を求めるとなると、やはり多少の痛みに対しての我慢が必要です。人によって痛みの感覚も違います。人によっては痛くない施術でもある人には苦痛であるケースもあることでしょう。こればかりは仕方がない事ですね。施術が終わるまで、少しの我慢が必要です。
レーザー脱毛にかかる時間ですが、これは人それぞれです。脱毛する箇所が多ければそれだけ照射の時間がかかりまあす。たとえば両脇の施術ですと20分程度と思っておけばいいでしょう。
両方の膝下の場合では、照射する範囲が広いですから、2時間くらいはかかるようです。サロンでは施術の痛みを減らすために、事前に皮膚を冷やすこともします。その後にレーザーを照射していきます。レーザーは毛根を破壊するのですから、たとえ冷やしてから施術をしても、どうしても痛みはあるようです。人によっては、
油がはねたような痛さだと言います。チクッという刺されたような痛みと表現する人もいます。また、レーザーの種類によっても痛みの差が出てきているようです。レーザーには普通のサロンでも使えるレーザーと医療機関が使うレーザーは違います。医療機関のレーザーの照射は強さが違うのです。強い方が脱毛の効果は高いです。照射に威力が強い故に痛みを心配する人も多いようですが、最新の医療レーザーは痛みを少なくしてあるそうです。痛みは感じ方の個人差と、自分がこれから通うクリニックでどのようなレーザーを使っているのかも関係しています。どうしても心配な方は、まずはお試しコースなどがある場合には是非利用するといいでしょう。これから長く施術をするのですから、痛みに耐えられないようでは通うことはできません。

 - 未分類